ソースからソフトウェアをインストール

Linux では、ソフトウェアをインストールするときは、 ソースファイルをコンパイルするのが伝統的な方法でした。 しかし、いちいちコンパイルするのは面倒だということで、 すでにコンパイルしたものが用意されていることが多いです。 代表的なものに、主に Redhat 系で使われている RPM、 Debian 系で使われている APT があります。 ここでは、ソースからインストールする方法について解説します。

source からインストールする

RPM や APT は大変便利なのですが、 すべてのソフトウェアでこれらが使えるとは限りません。 RPM や APT はディストリビューションごとに異なるので、 作成に手間がかかるからです。 もし、RPM も APT も用意されていないソフトウェアをインストールする場合は、 ソースファイルをコンパイルした後、インストール作業を行います。 ソースファイルはたいてい圧縮されており、 xyz.tar.gz(tar は複数のファイルをひとつにまとめたもの、 gz は zip 形式で圧縮されたもの、という意味です) といったファイル名になっています。 具体的な手順は以下のとおりです。

$ gzip -d xyz.tar.gz   ;;; この行と次の行を同時に行う場合は、
$ tar -xvf xyz.tar     ;;; tar -xvfz xyz.tar.gz と入力します。
$ cd xyz
$ ./configure          ;;; インストールの設定をする。
$ make                 ;;; ビルドする。
$ su                   ;;; ルートになる。パスワードを要求される。
# make install         ;;; 実際にインストールする。

最後の命令 make install だけはルート権限が必要です。 最後の命令の前にルートになってください。

※ このページでの説明は一般的なソフトウェアの場合です。 ソフトウェアによっては、異なる方法でインストールする必要があるかもしれません。 たいていの場合、readme.txt とか、howtoinstall.txt とかいうファイルが付属しているので、 そちらも参照してください。


Copyright (C) 2003-2010. ThinkpadでLinux All rights reserved.